ニュース
ニュース

ニュース

アーカイブ

カテゴリ

ブログ (13)

2018年11月2日

【コラム】「輸送」は「ゆそう」じゃなかった?

こんにちは、福岡通関事業所の岡崎です。

今回はいつもと趣向を変えて、いろいろな場面で使える(?) 豆知識をご紹介したいと思います。

 

弊社ホームページで『事業内容』のページを開くと、

建材物流、ソリューション事業、むじん君、そして国際複合輸送とあります。

ご存知の通り、この「国際複合輸送」、読み方は「こくさいふくごうゆそう」です。

 

しかし、この「ゆそう」という読み方、

実は昔の人の勘違いだったことをご存知でしょうか??

 

「輸送」という単語が中国から日本に伝来した際、

「愉快」という漢字が「ゆかい」と読むことを知った当時の人々は、

「愉」の右側(つくり、と呼ばれる部分です)と「輸」の右側が同じであるためか、

「輸送」も同様に「ゆそう」と読んでしまいました。

(現代でいう「絢爛」を「じゅんらん」と読んでしまうのと同じです。正しくは「けんらん」ですよね)

 

本来「輸」という漢字は「シュ」と読み、

現在でも勝ち負けを意味する「輸贏」という漢字は「しゅえい」と読みます。

つまり、元をたどれば「輸送」は「しゅそう」、「輸出」であれば「しゅしゅつ」……。

なんだか噛んでしまいそうですし、

わざわざ「しゅそう」と言い直す必要は……もちろんありません。(笑)

 

言葉は常に進化し、変化し続けています。

ビジネスの場においても、「了解しました」「お時間よろしかったでしょうか」などが、

しばしば誤用として指摘されています。

「この人、間違った日本語使っているな……。」ではなく、

「こんな言葉も変化してきているのか……。」と捉えてみると

おもしろいかもしれませんね。

 

 

福岡通関事業所 岡崎

0120-110-329

採用に関するお問い合わせ

0120-802-398